WEB塗料報知|塗料・塗装、コーティングのニュースサイト

BASF、アクゾへ工業用塗料事業の売却完了

 BASF(本社:ドイツ ルートヴィッヒスハーフェン)は、アクゾノーベル社(本社:オランダ アムステルダム)への工業用塗料事業の売却を完了したことを発表した。BASFの工業用塗料事業は、コイル、パネルコーティング、壁紙用塗料や風力向け等の工業用塗料を欧州・中東・アフリカ地域で行っていた。2015年BASFコーティングス事業部の世界売上高は32億ユーロで、今回売却した工業用塗料事業の売上は、全体の1割にあたる約3億ユーロであった。

 なお、 BASFのコーティングス事業部は、引き続き既存の自動車用OEM塗料、自動車補修用塗料、ブラジルでのSuvinil® ブランドによる装飾用塗料の事業を展開していくとしている。