WEB塗料報知|塗料・塗装、コーティングのニュースサイト

三井物産、関西ペイント在欧州子会社へ出資

2018.04.18

三井物産は、関西ペイントの在欧州子会社であるKansai Helios Coatings GmbH(本社:オーストリア ウィーン市、CEO: Hubert Culik、David Kubala、以下「Helios社」)に出資参画する事に合意したと4月17日発表した。。株主間協定書を含む関連契約の締結を完了致し、出資比率は三井物産20%、関西ペイント80%。

Helios社はグループ傘下企業を通し、鉄道車両や農機・建機向け、金属製品用など、幅広い塗料製品を取りそろえる。オーストリア、スロベニア、ロシアなど欧州・CISに事業を展開し、2017年3月末より関西ペイントグループの子会社となっている。今後、三井物産と関西ペイントは、三井物産グループが保有する顧客や事業パートナーなどのグローバルネットワークと、関西ペイントグループの製品・技術を組合せ、欧州及び関連する市場において競争力ある塗料事業の拡大に取り組む。

三井物産は、中期経営計画において「化学品」を中核分野のひとつと位置づけており、機械・インフラ事業、鉄鋼製品分野等で培ってきた事業基盤を活用した総合力の発揮により、塗料事業における収益基盤の確立を目指すという。

Kansai Helios Coatings GmbH
http://www.helios-group.eu/

所在地:オーストリア共和国 ウィーン市、他
代表者:CEO(最高経営責任者):Hubert Culik<フーベルト・チュリック>
CEO(最高経営責任者):David Kubala<ダビデ・クバラ>
従業員数:約2,100名(2017年12月現在)
事業内容:① 塗料製造販売事業② 合成樹脂製造販売事業③接着剤他、化学品製造販売事業