WEB塗料報知|塗料・塗装、コーティングのニュースサイト

菊水化学×日進産業 販路拡大に業務提携

2018.05.07

握手する菊水化学工業・山口社長(左)と日進産業・石子社長(右)

菊水化学工業と日進産業は日進産業の断熱セラミック「ガイナ」向けの「ガイナ専用下塗材」を共同開発した。また菊水化学工業が「キクスイガイナ」(5月7日発売)の商品名で「ガイナ」を同社独自の販路で新たに市場展開する業務提携も発表した。

ガイナ専用の下塗り材は断念性能を発揮するためにセラミック分が約80%にも上るガイナであってもどのような下地材、旧塗膜にも対応できる優れた密着、耐久性を持つシーラー及びプライマが4種類揃えられた。内外装や鉄部用錆止め塗料、金属部、木部、屋根などの用途に応じて最適品を選べる。適合表も作成し用意した。

また菊水化学工業はキクスイガイナをガイナ特約店が獲得してきた市場とは異なる販売ルートを同社特販部を窓口として開拓し新たな市場の構築を目指す。

4月25日に東京都文京区後楽の東京ドームホテルで開かれた両社の「新商品発表・省エネ大賞受賞報告会」で発表された内容。