WEB塗料報知|塗料・塗装、コーティングのニュースサイト

日ペ、ミャンマーに新会社 ブランド力向上ねらう

2017.04.19

日本ペイントホールディングスは、合弁子会社である日本ペイント(シンガポール)が、ミャンマーにおける事業拡大を目的として、日本ペイント(ミャンマー)サービス〔以下NPMSC〕を設立したことを4月18日に発表した。

日本ペイント(シンガポール)は、ミャンマーで20年以上にわたり、現地の代理店を通じ製品を販売。同国の建築塗料市場規模は、約40億円(2015年)と推定され、今回の会社設立で、より質の高いサービスを提供する。これにより、急速に経済発展を期待する同国でブランド力向上を狙う。

既にNPMSCは、流通チャネル拡大と中・長期的視点でのブランド力向上を目指して活動を開始。現地での顧客支援を強化しており、将来的には、自動車補修用塗料など、取り扱い分野を拡大する計画である。

【NPMSCの概要】
会社名 : 日本ペイント(ミャンマー)サービス株式会社
設立 : 2017年1月
所在地 : ミャンマー連邦共和国 ヤンゴン市
事業内容: 建築用塗料の販売

NPMSC:
http://www.nipponpaintmyanmar.com