WEB塗料報知|塗料・塗装、コーティングのニュースサイト

双日、石巻で合板塗装加工会社を設立

sojit

ドルフィンコート社のロゴ

双日(東京都・佐藤洋二社長)は、西北プライウッド(東京都・井上篤博社長)とともに、型枠合板の表面塗装加工会社ドルフィンコート(宮城県・井上篤博社長)を石巻市に設立したと、3月8日発表した。5 月には、ドルフィンコート社製造の針葉樹型枠用塗装合板 のオリジナルブランド「ドルフィンコート」を双日建材が販売する。また、従業員を地元から新規採用を予定し、2018 年には年商60億円を目指す。

これまで双日グループでは、法規制への適合及び環境や社会への配慮を念頭に策定した「木材調達方針」に則って、森林認証を取得した原材料を国内合板メーカーに供給してきた。今回新たに加工事業に進出することで、原材料の調達から製品 の製造、販売までのバリューチェーンを構築し、環境に配慮した安心・安全な木材製 品の安定供給体制を確立する。

また、合板取扱実績では輸入・国産ともに実績のある同グループが、国内合板メーカー最大手のセイホクグループの中核会社である西北プライウッドと手を組むことで、針葉樹型枠用塗装合板の早期普及を目指すとともに、今後も国産合板の用途多様化を企図した製造事業分野への参画を進めていくとしている。

<ドルフィンコート株式会社 概要>
本社所在地:宮城県石巻市重吉1-7
代表者:井上 篤博(代表取締役社長)
資本金:9800万円
株主:西北プライウッド 51%、双日 49%
事業内容:針葉樹製型枠用合板の表面塗装加工業
生産能力:月間50万枚(12㍉ 3×6判、2シフト)
従業員:約20名(地元から新規採用予定)

ロゴマーク=双日プレスリリースより