WEB塗料報知|塗料・塗装、コーティングのニュースサイト

弘妙寺の屋根改修、圧送ローラー使い作業効率化

DSCF4506弘妙寺(ぐみょうじ)は長野県伊那市高速町荊口にある日蓮宗のお寺で、「全国のプロゴルファーやアマ御用達のゴルフ寺」として知られている。4月末から屋根の塗替え工事を行い、5月に元の鮮やかな朱色が蘇った。

鉄板の屋根は15年ほど経っており色が褪せていた。足場を組むのに5日かけ、塗装は1週間かけて2回塗りを行った。施工面積は約2000㎡。

1回目は吹付け塗装し、2回目はペイントマシン(尼崎市)が開発・販売しているエアレス対応の圧送ローラー「らくらくペインター」平屋根用で施工した。塗料は神東塗料の低汚染形1液弱溶剤アクリル樹脂塗料「マイルドシリコン」を使用。塗装は同寺の檀家である宮澤工業(長野県諏訪郡・宮澤力社長)が行った。

なお、耐久性を高めるため塗料に「EMパウダー」を添加している。EMはEffective(有用な)Microorganisms(微生物群)の略称。EMを塗料、接着剤などに混入すると建物の外装では耐久性を強化し、内装に使用すればシックハウス・悪臭を解消する効果がある。

今回塗装使用した、「らくらくペインター」について、作業担当者は「塗料は塗り易かった。圧送ローラーは短時間に広い面積が塗れ、身体も楽で仕事が抜群にはかどった」と話し、作業者の疲れを緩和してくれるとのこと。

DSCF4547

塗装前の足場組み。5日かけての作業

弘妙寺:http://gumyoji.iinaa.net/(信州・高速 弘妙寺:サイトマップ)
ペイントマシン:http://www.paintmachine.jp/