WEB塗料報知|塗料・塗装、コーティングのニュースサイト

滑り止め施工が人気の彩Finish、建展に出展

saiFnish

彩Fnish 大山哲央社長

彩Finish(大阪市・大山哲央社長)は、「正直な技術と施工を提供し、心が通う真のサービスを目指す」を経営理念に掲げ、戸建て住宅を中心に塗装全般・リフォーム工事を幅広く行っている。

その中で、同業他社との差別化として、転倒防止の滑り止め施工「スリップバスターズ」に力を入れている。これはタイル、玄関、浴室など、滑りやすい場所に短時間で施工でき、長期間効果が持続する。4月にインテックス大阪で開催された「バリアフリー2017」に出展し好評であった。

顧客の反応を受け、6月8日、9日の両日開催される「KENTEN(建展)」にも出展する。会場はインテックス大阪4号館で、会場真ん中(小間番号214)に展示。

今回は新築時の質感を蘇らせる「打ち放しコンクリート再生塗装」も紹介する。特長は、コンクリートの風合いを再現。微細なクラックに追従。耐水性に優れ経年変化に強い。光触媒コーティングが標準仕様。

それぞれのホームページアドレスは下記の通り。
【ストップバスターズ】http://www.slip-guard.jp/
【打ち放しコンクリート再生塗装】http://www.sai-finish.net/