WEB塗料報知|塗料・塗装、コーティングのニュースサイト

2/8、塗り研「塗装店のための塗装学」

日本塗り替え研究会は、無料公開講座「塗装店のための塗装学」を次の通り開催する。後援は塗料報知新聞社事業部。

同研究会は、地域密着の塗装店が集まる塗装職人の会。技術・知識面の情報交流を図り、施主への対応をしている。「今後、塗装店に必要なことは塗膜欠陥現象を見る目を鍛え、現場クレームをなくすことにある」と話す田中会長。「どなたでもお気軽に参加いただき、講演を楽しんでください」と業界関係者に参加を呼び掛けている。

<開催概要>
◆日時=2月8日午後1時半~4時50分
◆場所=東京塗料会館(東京都渋谷区恵比寿3~12~8)
◆内容=①「塗料の組成~耐候性向上を知る」坪田実(元職業訓練総合大学校助教授、塗料メーカー社外取締役)、②「塗装欠陥がおきる原因と対策」同右
◆会費=無料
◆申し込み=氏名、会社名、電話・FAX番号を記載の上、同研究会事務局(FAX058・391・5503)まで送信のこと。
◆問い合わせ先=同研究会事務局(℡0120・505・885)まで。

 〈坪田講師からのメッセージ〉
「戦後の塗装は東京タワーに始まりスカイツリーへと発展した。この間、どのような塗料の変遷があったのか、耐候性の向上機構とは何か、をわかりやすく解説したい。また、実際の欠陥事例を紹介しながら、塗料が塗膜になる過程、塗膜になって熟成する過程、劣化する過程で生じる内部変化について考察したい」
このほか、「日塗工2017年J版塗料用標準色の使用方法」についても講義を予定している。