WEB塗料報知|塗料・塗装、コーティングのニュースサイト

TMS開幕、塗料報知視点でボディ塗装レポ〈予告〉

世界の自動車メーカー等が出展する展示会「第45回東京モーターショー2017」が10月25日、東京都江東区有明の東京ビッグサイトで一般公開に先立ち、報道陣向けに公開された(一般公開:28日~11月5日)。塗料メーカーではイサム塗料が唯一の出展となり、カーオーナーにプロの技術を持つ鈑金塗装のプロ集団「イサムアロークラブ」の紹介やカーオーナーの要望をヒアリングする。

一方、自動車メーカーの動きでは、トヨタ自動車は、実用化を見据えた自動運転技術を提案するコンセプトカー「LS+ Concept」を世界初公開。EV戦略では、「次世代電池「全固体電池」を2020年までに実用化する」と同社ルロワ副社長が発表した。これまで培ったハイブリッド車(HV)やプラグインハイブリッド車(PHV)技術を原泉にEVでも競争力を加速化させる。

トヨタ自動車をはじめとし、今回の東京モーターショーでは、国産、輸入車関わらず、自動運転や電気自動車(EV)関連が目立った。そのような中でも、塗料報知では業界紙独自の目線で、ボディーカラーに注目。コンセプトカーの塗装やカラートレンドを中心にレポートする。下記のレポートを随時公開いたします。
 ・東京モーターショー  マット塗装最前線
 ・ツートンの次は差し色 ブランド高める統一色~最新ボディーカラートレンド~
 ・解説!展示車のデザインコンセプト(オートカラーアウォード in 東京モーターショー2017レポート)