WEB塗料報知|塗料・塗装、コーティングのニュースサイト

店舗再生タムタムデザイン、リノベ・グランプリ受賞

 リノベーション住宅推進協議会(山本卓也理事長)は、12月15日(木)、東京大学本郷キャンパス内で、2016年を代表する魅力的なリノベーション事例を選ぶコンテスト「リノベーション・オブ・ザ・イヤー2016」の授賞式および審査員による講評会を開催した。総合グランプリには、タイタムデザイン(東京)の『アーケードハウス』が選ばれた。

main

店舗再生の 『アーケードハウス』

 審査委員長の島原万丈氏は、『アーケードハウス』について、「衰退した商店街で空き家になった店舗を、“店”からではなく“住”から再生させるというのは、これまで誰も考えなかったアイデアであった。商店街に再び人が住むようになれば、路面の「商」も昔とは違った形に再生するのではないだろうか。LDKの大きなガラス面から見下ろす街の、まだ見ぬ未来の予感にわくわくした。審査会満場一致で決まった総合グランプリである」と評した。

 同コンテストでは、消費者にとって関心の高い施工費別に、「500万円未満部門」、「800万円未満部門」、「800万円以上部門」、「無差別級部門」の4部門を設けている。部門ごとに全国からエントリーされた計161作品が集まった。4部門の部門別最優秀賞は以下の通り。

<500万円未満部門> 

sub1

『「ただいま」より、「いらっしゃい」が似合うカフェ部屋ライフ。』(REISM)

<800万円未満部門> 

sub14

『 “高品質低空飛行”に暮らす家〈暮らしかた冒険家 札幌の家〉』(棟晶)

<800万円以上部門> 

『三角屋根のブロック造の家』(スロウル)

『三角屋根のブロック造の家』(スロウル)

<無差別級部門> 

『カフェ&お宿「シーナと一平」』(ブルースタジオ)

『カフェ&お宿「シーナと一平」』(ブルースタジオ)

 全体の総評については、島原氏は、「今年のリノベーション・オブ・ザ・イヤーのノミネート作品は全体的に、社会的な提案性を感じられるものが目立った。これらの作品は、基本的に個人または個社のオーダーに応えてデザインされたものであるが、その視線は物件の背景にある地域社会の課題にまで届いている」と話す。