WEB塗料報知|塗料・塗装、コーティングのニュースサイト

次マーケット向けた各社のアイテム②

2016.10.28

高レベリング性持つ トウペ

カバーリング優れたふっ素

トウペは、30年の信頼と新しいテクノロジーにより、高いレベリング性とカバーリングを有する超レベリング性1液弱溶剤ふっ素樹脂塗料「レベルフロン」を発売している。

従来のふっ素樹脂塗料は耐候性には優れているものの、塗膜に厚みがなく下地を覆い隠す能力に欠けるところがあった。同製品は新たな配合バランスにより、この欠点を克服。下地を完全に覆い隠し、他の塗料では実現できない美しい塗装面をつくる。また、塗装した膜の平滑性が増すことで、濡れているかのような光沢感を作り出せる。

レベルフロンは1液で2液反応と同等の耐候性を実現。長期にわたり美観を保ち、メンテナンスの回数を確実に減らすことができる。

さらに、同製品は厳選された原料と新ハイブリッド・テクノロジーにより、飛躍的に性能をアップさせるとともに、かつてないコストパフォーマンスを実現。従来のふっ素樹脂塗料に比べて塗装工程を簡略化することもでき、ウレタン・シリコン塗装並みの塗装費に抑えるコストパフォーマンス仕様で塗装することも可能である。

混ぜて耐候性アップ 和信化学工業

水系木材保護塗料の塗膜強靭に

和信化学工業は、同社の水系木材保護塗料に混ぜることで耐候性をアップさせる「ガードラック+PLUS(プラス)」を発売している。

同製品は、ガードラックアクアと混ぜることで、耐候性をさらに向上。2液化によってつくられた強靭な塗膜で雪や雨などの厳しい環境への耐性を高め、木材を長く美しい状態で守り続ける。

ガードラックアクアを2液化することで、1液タイプに比べて耐摩耗性を大幅に強化。ウッドデッキなど歩行面においては、ガードラック+PLUSの塗装がより有効である。

優れた防虫・防腐・効果を発揮する薬効成分を内包するマイクロカプセルを配合しており、安心な素材でありながら、高い薬剤効果と抜群の持続性を実現。厚生労働省指定の毒物・劇物・消防法の危険物に該当しない高い安全性と、水系塗料(ガードラックアクア)なので低臭化も実現しており、屋内への塗装でも安心である。

また、塗装作業が容易で、優れた着色力のため、1回塗りでムラの少ない仕上げと高性能塗膜が得られます。さらに、ガードラックアクアとガードラック+PLUS(専用硬化剤)は混ざりやすいため、取り扱いも簡単となっている。

荷姿は0・35㎏。屋内外の木部全般(壁やフェンス、エクステリア遊具や室内壁など)に塗装できる。ウッドデッキなど、歩行する平面部分への塗装において有効である。

濃色中心の遮熱共通色 インターナショナルペイント

用途や性能に遮熱効果プラス

インターナショナルペイントでは、近年室内環境の向上や省エネルギーなどを目的とした遮熱塗料への高い需要に合わせ、濃色を中心とした共通色を21色ラインアップしており、ここに紹介する。

この共通色は、当社の対象製品それぞれの用途や性能に遮熱効果をプラスできる、他社にない画期的なシステムを採用しており、これらは高耐候型特殊遮熱顔料を全色に採用し、太陽光に含まれる赤外線を効率良く反射して、塗膜の温度上昇を抑制する。

仕様としては、遮熱タイプ仕様と高反射仕様の2種類を用意しており、前者はシーラープラス上塗り2回塗りで最大13℃低減し、後者は前者の遮熱タイプ仕様にIP水性遮熱プライマーの工程をプラスすることで、温度を最大18℃低減させることができる。

対象製品の設定によっては、艶有り・艶消し・5分艶調整の中から選択できるので、幅広いニーズに対応することが可能である。

同社は長年、水系塗料だけを扱ってきた専門メーカーとして、まだまだ溶剤が主流の外部塗装においても、都市部を中心に多くの施工実績を積み上げてきた。また、遮熱塗料の専用ブランドを立ち上げるのではなく、既存の製品に遮熱性能を追加することによって、ユーザーニーズに応えると同時に、施工者は安心して実績ある塗料で遮熱機能を選択することができ、他社とは一線を画したものとなっている。

水系一筋で培ってきたこれまでの技術とノウハウで、顧客のさまざまな要望に応えることこそが同社の目標であり、喜びとしている。

鉄素地用常乾燥トップコート 大宝化学工業

木床用の自己架橋型水系も

大宝化学工業は、1液常乾型金属用塗料「オバロン」を発売している。同製品は鉄系金属素地への付着性に優れた1液常乾型トップコート。PRTR対象物質(トルエン、キシレン、ホルムアルデヒド、鉛、クロムなどの有害重金属)を全く含まない環境対応型塗料でありながら、従来の溶剤系常乾型塗料と同等の物性を実現している。

さらに、有機溶剤をほとんど含まず臭気が少ないことから、塗装作業者や周辺住民に対して優しい環境を提供する。特に機械の塗り替え用途に多く使用され、刷毛、スプレー用の2種を用意している。また、同社では特許を取得した木床用自己架橋型1液水系塗料「キャメロン」も発売している。同製品はホルムアルデヒド、トルエン、キシレンなど厚生労働省指定14物質を含まない環境対応型塗料で、水系なので火災の心配もない。1液自己架橋型なので、2液反応型塗料に匹敵する塗膜物性を有し、2液相当の耐久性を持っているので、メンテナンスも楽である。

耐光性、耐久性に優れた無色透明なクリヤーなので、白ラインもすっきり仕上がり、下から上まで1液のシステムが構築できる。さらに、1液塗料なのでわずらわしい混合作業もなく、2液のような無駄もない。

塗料のタイプはYタイプとNYタイプがあり、前者は塗料の色が若干黄色く素材の色が付き、後者は塗料の色も白く無色透明に仕上がる。