WEB塗料報知|塗料・塗装、コーティングのニュースサイト

アシザワ、All in One ミキサー開発

アシザワ・ファインテックは、高速回転によるせん断作用でミクロンレベルの分散・乳化を行う分散・乳化機「チータ」を開発した。

特長は、分散時にビーズなどのメディアを用いないためコンタミネーションを抑制させる点にある。また、ポンプ機能を備えているため、固液混合から分散、乳化、脱泡、送液を1台で行える「All in One ミキサー」となった。

同製品は最高68m/s で高速回転するロータとロータ/ケーシング間の微小隙間で構成。特殊コニカルロータの低動力・高速回転特性、キャビテーション防止効果や脱泡機能により、低エネルギーで高品質の製品を得ることを可能にする。なお、塗料用途では、グラインドゲージで50μm 以下の分散となる。

開発の背景に、一般的な高速回転型の分散機は、キャビテーションを発生させていたことで、騒音、製品温度上昇、機械摩滅、エネルギー消費の非効率性や再現性の欠如、スケールアップの困難性など短所につながる部分があった。今回の新製品は、層流を主体とした分散場でキャビテーションを抑えた理想的な回転型メディアレス分散・乳化機を設計することで、前述の問題の解決を図っていった。

同製品は、11 月20 日から3日間、東京ビッグサイトで行われるINCHEM TOKYO2017(インケム東京)にて初展示する。20日午後2時には東3ホール セミナー会場Aにて開発者による「出展者セミナー」を行う。

製品概要は以下の通り。

【製品概要】
◆製品名称
名称:チータ 型式:CPM 外形寸法:横1,800✕幅500✕高1,430mm 重量:600kg

◆用途
塗料:グラインドゲージで50μm 以下に分散
電池:電極スラリーの活物質・導電助剤の分散
電子部品:導電ペースト、セパレータ―
その他:化粧品の乳化、バインダーの溶解

◆INCHEM TOKYO2017 出展情報 (ブース番号:東3 ホール・3C-03 )
新製品について、開発者による「出展者セミナー」を行う。
11/20(月)14:00~14:30 東3 ホール セミナー会場A