WEB塗料報知|塗料・塗装、コーティングのニュースサイト

アトミクス、ドローン面積測定 実証化へ

「アトム・サーベイ・システム」の実証実験

アトミクスは小型無人機のドローンを使って金属スレート屋根の塗り替えや陸屋根の塗装案件を安全かつ迅速、低コストで行える自動面積測定調査診断システム「アトム・サーベイ・システム(ASシステム)」の実用化に向け、実証試験を重ねている。10月より運用する。

金属スレート屋根などの塗り替えや防水工事の診断は施工者が実際に屋根に上がり塗膜や錆の状態を確認している。しかしながら工場屋根のような大規模な建物では仮設足場や昇降階段などの設置や調査に多くの人手を要しコストもかさむ。調査時の墜落災害の発生にもつながりかねず、安全で低コストの調査方法が求められてきた。

ASシステムは調査・診断から塗装システムの提案、見積もり、カラーシミュレーションによる完成予想までを一貫して行える。これにより案件回答の迅速化や人件費削減による低コスト化が図れる。しかも自動面積測定により高精度での見積もりの作成ができるため施主の信頼も得られる。また、定期的な保守管理報告の施主への提供により費用対効果の理解も得られ、塗装後の安心感とコミュニケーションの促進により継続的な関係構築も可能になる。調査・診断や保守管理時の墜落災害の防止に役立ち、人手不足解消や社員の安全確保にも役立つ。

なお、ASシステムは①ドローン撮影②自動面積測定(3D化技術による)③画像診断結果報告・見積システム④カラーシミュレーション(施工前後)⑤保守管理報告(経年劣化)の5点で構成される。