WEB塗料報知|塗料・塗装、コーティングのニュースサイト

コープラント、ボンディング・メタリック粉体

コープラントは、世界的塗料メーカーであるアクゾノーベルのグループ企業のアクゾノーベル・台湾の日本総代理店として、各種粉体塗料を扱っている。そのなかでも、特に需要が多い製品のひとつにボンディング・メタリックシルバー粉体塗料である「インターポンAS」がある。

本製品は、金属粉と粉体塗料粒子を物理的もしくは化学的に結合させたボンディングタイプのメタリック粉体塗料である。焼付後はメタリック特有の優れた鮮明性を持つ塗膜外観を得ることができる一方で、ドライブレンドタイプと比べて、吹付時の塗装機の操作にそれほどの厳密さは要求されず、またオーバースプレー塗料の回収使用も容易となっているのが特徴である。

さらに、塗着効率もよく、他製品に比べて30%は塗料使用量が節約できるため、長期的に見るとランニングコストも低減できるとのこと。このため、日本国内でも内装用建材や鋼製家具といった意匠性が重視される粉体塗装の現場からの問い合わせや発注が増えているという。

同社では、本製品の他にも、一般工業塗装用としては、アクゾノーベルのエポキシ系、ポリエステル系、エポキシ・ポリエステル系の各種粉体塗料も、もちろん供給している。また、アルミ塗装建材の認証規格QUALICOATの要求性能に合致した高耐候性の建材用粉体塗料である「インターポンD1010/D2015/D3020」も取り扱っている。これら製品の納期についても、グローバル企業グループの大きな生産力を背景として、新規発注では調色などの時間がかかるとしても、継続発注には一ヵ月程度で対応できるとしている(色と発注量によりやや変化)。

同社では30年以上もの間、アクゾノーベル粉体塗料の供給を手掛けており、今後も台湾の工場との密接な関係を生かしてユーザーからの調色などの要望に迅速に対応していくとのこと。

banner