WEB塗料報知|塗料・塗装、コーティングのニュースサイト

大日技研、水性透明難燃塗料を開発 

「ランデックスコート 難燃クリア」塗布(右) と未塗布(左)の障子紙燃焼試験

「ランデックスコート 難燃クリア」塗布(右) と未塗布(左)の障子紙燃焼試験

大日技研工業は、帝人および大丸興業と共同でリン系難燃剤「FCX-210」を使用した水性透明難燃塗料「ランデックスコート 難燃クリア」を開発した。

同製品はノンハロゲンアクリル系水性透明難燃塗料として、木材だけでなく、紙、繊維、ゴム、 プラスチックなど幅広く使用できる。可燃物の表面に塗布するだけで、自然の風合いを維持しながら、 高い透明性と高い難燃性の両立させたことが最大の特徴。

これまで木材に難燃性を付与するには難燃剤を含浸させるのが一般的であるが、それでは 時間の経過とともに難燃剤が表出し、本来の風合いや外観の維持が難しいという難点があった。また、それを防ぐためにアクリル系コート剤を塗布するが、これは可燃性が高く、安全性の問題から使用が限定的であるという課題があった。

一方で、可燃物の表面に塗布するだけで難燃効果を発揮することから、難燃塗料も 広く使用されているが、不透明なものが多く、本来の風合いや外観を損なうこともあった。加えて、添加する難燃剤により塗布できる材料が限られることから、 幅広い材料に適用できる透明性の高い難燃塗料が求められていた。

このような、技術的な課題なかで、今回「ランデックスコート 難燃クリア」は、リン系難燃剤「FCX-210」や特殊 アクリル樹脂などの組成を最適化したことにより、ノンハロゲンアクリル系水性塗料として透明性と難燃性を両立させた。

今後は、大日技研工業は「ランデックスコート難燃クリア」を新たなラインナップとして、 9 月1 日より大丸興業を通じて販売を開始する。さら、2020 年度には「ランデックス コート」シリーズとして 10 億円の売り上げを目指すとしている。

原料提供を行う帝人も、これまで樹脂用途に向けて、リン系難燃剤「FCX-210」を展開してきたが、今後は高い透明性や難燃性が求められる建築用途やインテリア用途など にも市場開拓を進め、2020 年度には難燃剤事業として30億円の売り上げを目指すという。