WEB塗料報知|塗料・塗装、コーティングのニュースサイト

ダイフレックス、柔軟で低汚染性能の無機塗料を発売

柔軟性と低汚染性を兼備した新技術

ダイフレックスは10月2日、水性の柔軟・透湿タイプの変性無機塗料「ダイヤスーパーセランフレックス」を発売した。改修に求められる柔軟性を無機成分を減らさずに設計され、柔軟性と低汚染性を兼ね備えた製品により、戸建て住宅の改修需要を取り込んでいく。
 
同社では長くから無機塗料の製造販売を行っているが、既存のダイヤスーパーセランシリーズにさらに柔軟性を付与させた新製品が「ダイヤスーパーセランフレックス」である。これまで「柔軟性」と「低汚染性」は相反する性能が一般的であったが、同製品に採用した新技術の「無機複合コアシェル構造」により性能を兼備。柔軟性樹脂の表面を低汚染性物質でコーティングすることで親水性が高まり、汚れが付着しにくく、除去されやすい塗膜となった。
 
また、無機成分を減らしていないので、無機特有の高い耐候性は維持。窯業系サイディングやALCパネルなどの蓄熱性の高い部材は塗料の劣化を早めるが、このような部材の塗り替えにも最適だという。さらに、塗膜は透湿性の高く雨などの水滴は通さずに、水蒸気を逃がす性質を持つため、熱膨れの原因となる水分を効率的に排出することができる。製品概要は以下の通り。

<製品概要>
 ◆特長:①超耐候性②柔軟性③低汚染性④透湿性⑤防カビ・防藻性⑥環境対応⑦旧塗膜適性
 ◆用途:戸建て、マンション・集合住宅の塗り替え(コンクリート面、モルタル面、ALC面、窯業系サイディングボード面及び各種塗膜面)
 ◆設計価格:標準仕様=2,900円、窯業系サイディング仕様=3,100円、無機透湿微弾性フィラー仕様=3,600~3,700、防水形弾性フィラー仕様=3,700~4,200/㎡