WEB塗料報知|塗料・塗装、コーティングのニュースサイト

関ペ、スチレンフリーパテを上市

関西ペイントと関西ペイント販売は、自動車補修用スチレンフリーパテとして「ECOパテ2」を発売した。

同製品は、現行の「ECOパテ」の研磨性を改良し、さらに標準(ST)と低粘度(LV)の2タイプを設定。これまで以上に気温や作業者の好みにあわせた使用が可能となり、年間を通じて安定した作業性が得られるラインアップとなっている。ECOパテが有する安全・周辺環境への配慮はもちろんのこと、長年の実績が証明する性能、品質安定性も継承している。

新製品のラインアップは「ECOパテ2 鈑金 STベース」3㎏、「ECOパテ2 鈑金 LVベース」3㎏、「ECOパテ2 中間 STベース」3㎏、「ECOパテ2 中間 LVベース」3㎏、「ECOパテ2 ポリ STベース」3㎏、「ECOパテ2 ポリ LVベース」3㎏、「ECOバンパーパテ2」0・5㎏(硬化剤は「パテ イエロ-硬化剤(0・08㎏)」使用)。
 
鈑金、中間、ポリそれぞれにST(標準)とLV(低粘度)タイプをラインアップすることで、これまで以上に年間通じた安定した作業性が得られる。塗膜の高硬度化と研磨感を両立し、フェザーエッジも出しやすくした。従来品同等の塗膜性能、品質安定性を有し、パテ付け後すぐに強制乾燥が可能で ある。さらに、乾燥時の収縮による反りがなく、鋼板の歪みや密着不良、痩せが起こらない。
 
関西ペイントでは、スチレンフリーパテを10年以上前から開発し、改良を積み重ねて現在に至っている。2014年の特定化学物質障害予防規則(特化則)の改正で、スチレンが対象物質に指定された際にも、市場の要請に速やかに対応。2015年には、画期的な環境配慮型製品として、大阪工研協会より「第65回工業技術賞」を受賞している。