WEB塗料報知|塗料・塗装、コーティングのニュースサイト

関ぺ、自補修用調色システムを開発

ai%e3%82%b7%e3%82%b9%e3%83%86%e3%83%a03%e7%a8%ae  関西ペイントと関西ペイント販売は、自動車補修用として、独自の最先端調色理論を導入した次世代型カラーセンサー調色システム「AI(アイ)カラーシステム」を開発した。従来、関西ペイントでは、自動車補修用のカラーセンサー調色システムを「Big Vanターミナルセンサーシステム」として提供してきたが、AIカラーシステムでは、調色精度や操作性のさらなる向上と、機能性が一層充実している。
 
 AIカラーシステムは、AIカラーセンサー(多角度分光測色計)、AIカラーナビ(タブレット端末機)、AIカラースケール(計量秤)の3機器から構成。AIカラーセンサーは車体色を多角度から測定し、精度の高いデータを読み取る。AIカラーナビは膨大なデータの中から、より最適な調色配合データを瞬時に導き出す。そして、AIカラースケールはオンラインで配合デ-タが転送されるため、調色作業の短縮が可能となる。