WEB塗料報知|塗料・塗装、コーティングのニュースサイト

関ペ、自動運転誤作動防止に電波吸収体 開発

関西ペイントは、運転誤操作による自動車の衝突防止および自動運転に使用されているミリ波レーダー(76~77GHz)を吸収する薄膜かつ軽量なシート型電波吸収体を、ウェイベックスと共同で開発し、販売する。

近年、衝突防止や自動運転のためにミリ波レーダーを搭載した自動車が増えている。一方で、この電波がインフラ設備全般に当たって予期しない反射が起こり、誤作動を引き起こす懸念がある。

この対策として、従来はピラミッドの形状をした電波吸収体が使用されてきたが、嵩高く、耐久性に課題があり、使用可能な場所には制限があった。

こうした課題を解決するため、関西ペイントでは屋外において15年以上の市場実績があるETC(高速道路自動料金収受システム)の誤作動防止用電波吸収体の技術をもとに、薄膜、軽量かつ汎用性が高く、柔軟性のあるミリ波用シート型電波吸収体を開発。この吸収体は、アスペクト比(誘電顔料の長径と短径の比)の小さい高誘電材料を従来より均一に樹脂に練り込んだシートを高耐候性の意匠フィルムと電波を反射する金属箔ではさみ込んだ構造で、電波のエネルギーを熱に変換することで、-20dB(電力比99%)以上の電波を吸収する。

同社ではこの電波吸収体を、自動車の衝突防止や自動運転の安全性向上に寄与する材料として、販売拡大を目指す。さらに、今後は吸収帯域幅の広いタイプや、自動運転近接レーダー(77~81GHz)用のシート型電波吸収体も販売を予定している。

代表色の外観(左)、製品の柔軟性(右)