WEB塗料報知|塗料・塗装、コーティングのニュースサイト

兼六、クラウド取り込み強力営業支援

塗料販売店向け「NEW WAVE」

コンピュータ・システム会社の兼六コンピュータサービスは、塗料販売店向けの「NEW WAVE」や工事会社向けの「THE工事くん」などを展開中だ。出先や現場からでも各担当が基幹システムの情報を確認し、ユーザーや施主との営業に生かせる最新鋭のクラウド機能を取り込み、システムの進化を図っている。

例えば、「クラウド版工事くん」では、出先の工事現場からでもアクセスができ、情報を取り入れて施主などの求めに応じてその場で見積を作成し手渡すこともできる。「クラウド版NEW WAVE」でも営業担当者が外回り先で、単価調べなどが即座にできる。担当者がiPadなどのタブレットや小型のノートパソコン、スマホを携帯すれば、営業先からいちいち会社に電話して事務の担当に聞かなくとも検索ができてしまう。モバイルパソコンなら伝票発行のための入力なども可能だ。「NEW WAVE」の特長は①優れた検索機能②情報の共有化③操作性④見やすい帳票④多角的分析機能など。

「THE工事くん」は建築塗装や看板、防水工事、リフォームなど幅広い分野の工種をすでに登録。パソコンに慣れていなくても最短3分で見積書を作成できる。また、約15年分の見積書を得意先別や日付別、また工事件名の一部を入力するだけで瞬時に検索。見積実績一覧表より未受注物件を選択することで、定期的なDM発送により見込み客を発掘することも可能。強力な営業支援の武器として受注アップが図れる。

情報の一元管理を目指しファイルリンク機能により見積に関連するすべてのファイル(工事写真、図面、工程表、地図、塗装仕様等)をリンクさせることにより、何年前の物件でも必要書類をすばやく簡単に見つけられる。LANやクラウドによる情報の共有化は会社全体の組織力強化につながる。見積作成から請求書作成、外注先に対する注文書作成、原価計算、使用材料計算、売上実績一覧表に至るまで物件管理はこのソフトですべてカバーできる。