WEB塗料報知|塗料・塗装、コーティングのニュースサイト

三菱ケミカル、塗装不要のプラスチックに新グレード

三菱ケミカルは、バイオエンジニアリングプラスチック「DURABIO®」について、耐薬品性や長期耐久性などの環境信頼性を大幅に向上させた新グレードを開発したと、5月18日発表した。

既に従来品より表面が硬く、擦り傷が付きにくいという特長もあるため、近年では自動車の内外装部品などへの採用が進み、部品の塗装やコーティングの工程が不要となることから、高品質の自動車部材を低コストで達成できると、評価を受けていた。

新グレードは、樹脂改質技術による画期的な相分離構造をもつモルフォロジー制御にDURABIO®が持つ従来の特徴は保ちつつ、耐薬品性や長期耐久性などを大幅に向上させた。自動車内外装部品、車載用透明パネル、光学部品などに加え、この新グレードの開発により、更に高度な性能が要求される用途にも適用することが可能となるとのこと。