WEB塗料報知|塗料・塗装、コーティングのニュースサイト

日本データコントロール、営業所間の連携容易

クラウド型サービスのイメージ

ソフトウェア開発会社の日本データコントロールは、塗料販売店向けクラウド型サービス『さらっと販売管理』を好評販売している。同サービスは「カンタン操作」「ラクラク導入」をコンセプトに誰でも簡単に利用できるサービスを実現している。「さらっと販売管理」は「IT導入補助金」のITツールに登録しており、補助金を利用することができる。昨年導入頂いた塗料店では実際に採択された実績がある。

「さらっと販売管理」はクラウド型サービスを採用しているため、営業所間の連携が容易かつ安価に実現できる。新たに「さらっと販売管理」を利用している塗料店からは「これまでは営業所間の連携のために高額な通信回線を利用していたが、このサービスの導入で維持費が格段に安くなった」と好評を得ている。また、法改正対応も自動で行うため、消費税の引き上げによってソフトを再購入する必要もない。インストールが不要で、パソコンが故障しても新たにパソコンを用意すれば、すぐに「さらっと販売管理」を利用できる。

タブレット端末からも利用でき、例えば配達先での売上確認など、場所を選ばずサービスを利用できるため、業務の効率化を図ることができる。現在利用しているシステムからのデータ移行のサービスも利用でき、多数の実績がある。

その他の特長として、①商品コードや得意先コードを設定せずに運用が可能、②目的の商品や得意先を素早く検索できる「自動補完機能」があり、誰でも簡単に利用できるサービスとなっている。

価格は初期費用なし。標準機能で月額使用料金8千円。標準機能に加えて仕入、支払、買掛金管理・在庫機能が利用できる追加機能で月額使用料金1万2千円。お試し版の利用、サービスの詳細問い合わせは専用ダイヤルで受け付けている。