WEB塗料報知|塗料・塗装、コーティングのニュースサイト

ロック、屋根用下地材 水性2製品を上市

「ロック水性プロテクトルーフ サフ」を発売

ロックペイントは、水性屋根用下地調整塗材「ロック水性プロテクトルーフ サフ」と屋根用のシーラー「ロック水性プロテクトルーフ シーラー」の2製品を新発売した。

「ロック水性プロテクトルーフ サフ」は、一液反応硬化型エポキシシリコンエマルション樹脂を主成分とした屋根・瓦用の下地調整塗材。基材が無機系(セメント系基材)、有機系(旧塗膜)のいずれにも付着性が優れるとともに、乾燥性、厚付け性に優れ、屋根材への塗り替えに使い勝手が良い。

また、従来の水性エポキシ樹脂に比べ乾燥性が大幅に向上するため、作業効率が優れる。下塗りから上塗りまでオール水系の高耐候性仕様を設定でき、高耐候性の上塗り層と相性が良く長期にわたり美観を維持できる。用途は住宅用化粧スレート(各種新屋根材)、スレート瓦、セメント瓦、アスファルトシングル材等の塗り替え用下地調整材。

「ロック水性プロテクトルーフ シーラー」は付着性に優れる

「ロック水性プロテクトルーフ シーラー」は、カチオン系自己架橋型アクリルシリコンハイブリッド樹脂をベースとした屋根・瓦用のナノエマルションシーラー。クリヤータイプで含浸性が良好で付着性に優れる。水性のため、溶剤系シーラーではチヂミが発生しやすい旧塗膜の条件でも安心して使用でき、塗りの吸い込みを抑え、仕上がり性を向上させる。また、1液型のため、作業性や取り扱いが容易。

用途は住宅用化粧スレート(各種新屋根材)、コンクリート系屋根、スレート瓦、セメント瓦など。新設、塗替えともに使用できる。