WEB塗料報知|塗料・塗装、コーティングのニュースサイト

ロック、乾燥性大幅短縮 車両用クリヤー発売

ブース稼働率向上見込めるクリヤー新発売

ロックペイントは、車両用の環境配慮型アクリルウレタンクリヤー「エコロック ユーティリティクリヤーM」を新発売した。

既存製品の「エコロック ハイパークリヤーシリーズ」の乾燥性を継承し、作業性、仕上がり品質、コスト面でバランスが取れた設計となった。環境配慮型のトップコートクリヤーで労働安全衛生法に対応。PRTR届出不要(2017年10月現在)の製品である。

特長は、芯じまり性に優れているため、強制乾燥時間が短縮され、乾燥エネルギーコストの削減に寄与できる点にある。また、自然乾燥であっても乾燥性が大幅に向上しており、入庫・作業状況に応じて、自然乾燥を活用することによりブース稼働率の向上が見込める。同製品のクリヤー塗装から磨き可能時間まで60度乾燥で約半分の時間が、20度乾燥で3分の二の時間を既存製品と比べ短縮できるという。