WEB塗料報知|塗料・塗装、コーティングのニュースサイト

エスケー、プレミアムシリーズに新製品 NADシリコン

NADシリコンは1液で使いやすい

NADシリコンは1液で使いやすい

施工実績が伸びるエスケー化研の建築仕上材「エスケープレミアムシリーズ」に、続々新製品がラインアップしている。先般、オールランドの弱溶剤形に「エスケープレミアムNADシリコン」と屋根用に「エスケープレミアムルーフSi」が新たに加わり、幅広いニーズに応える。

エスケープレミアムシリーズは、主に戸建て塗り替え市場向けに2014年、「エスケープレミアムシリコン」を上市した。メンテナンスサイクルを伸ばし、塗り替え回数を減らす優れた耐候性が特徴だ。耐候性のメカニズムは、有機シールド層と無機シールド層で塗膜の劣化因子の発生を抑制し、さらに耐候ハイブリッドシリコン樹脂が発生した劣化因子を捕捉することで塗膜劣化の進行を抑制。この「トリプルガード効果」で優れた耐候性を得る。トリプルガードの設計思想で新たに上市されたのが先述の新製品である。

「エスケープレミアムNADシリコン」は、2液タイプのシリコン樹脂塗料を、特殊NAD技術を用いることで1液化に成功。1液でありながら2液の性能そのままに、省力化でより使い易くなった。外壁、鉄部、附帯部位と様々な被塗物に対応する。

屋根用の「エスケープレミアムルーフSi」は、シリコン樹脂系でありながら、ふっ素樹脂をも凌ぐ耐久性を発揮するという。プレミアムシリーズに相応しい耐候性を持つ。
事業本部℡072・621・7733