WEB塗料報知|塗料・塗装、コーティングのニュースサイト

トウペ、下地覆い隠し美しさ造る 高いレベリング性

「レベルフロン」を施工した らせん階段

「レベルフロン」を施工した らせん階段

トウペは、30年の信頼と新しいテクノロジーにより、高いレベリング性とカバーリングを有する超レベリング性1液弱溶剤ふっ素樹脂塗料「レベルフロン」を発売している。

従来のふっ素樹脂塗料は耐候性には優れているものの、塗膜に厚みがなく下地を覆い隠す能力に欠けるところがあった。同製品は新たな配合バランスにより、この欠点を克服。下地を完全に覆い隠し、他の塗料では実現できない美しい塗装面をつくる。また、塗装した膜の平滑性が増すことで、濡れているかのような光沢感を作り出せる。

レベルフロンは1液で2液反応と同等の耐候性を実現。長期にわたり美観を保ち、メンテナンスの回数を確実に減らすことができる。

さらに、同製品は厳選された原料と新ハイブリッド・テクノロジーにより、飛躍的に性能をアップさせるとともに、かつてないコストパフォーマンスを実現。従来のふっ素樹脂塗料に比べて塗装工程を簡略化することもでき、ウレタン・シリコン塗装並みの塗装費に抑えるコストパフォーマンス仕様で塗装することも可能である。
℡072・243・6411