WEB塗料報知|塗料・塗装、コーティングのニュースサイト

ニッペホーム、DIYペイント文化への思い

  ニッペホームプロダクツは今回の展示で〝DIYペイントの文化をいかに広げていくか。その価値をユーザーに伝える〟という考えを込めた。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

デザインも含めて社員が作り上げたブース

 そのブースは全て社員の手作り。デザインを含めてミニチュアも自ら制作して検討したという。これにより、自分の手でこんなインテリアが作れることをアピールしたかったとのことだ。さらに、ブースの制作過程を録画して、ブース内の各所に設置した小型モニターで放映し、併せて使用材料もパネルで紹介。同じ内容を動画サイトにもアップしている。

 思い入れを込めて立ち上げたブースのメーンは「STYLE」。これは壁紙クロスのリノベーション用ペンキセットで、ネット販売しているものである。STYLEペンキセットは外箱にバケット用内容器とバケット用ネットをセット。塗料を注げばそのまま使える。塗料は低臭の水性タイプで、パウチ容器入りなので容器の開閉や処分が簡単にできる。また、梱包容器はトレイとして使えるので、使用後に用具として場所を取らない。初めて塗装する人のために、STYLEペイントツールを用意。スモールローラーとハンドル、刷毛、マスカー、マスキングテープ、ポリ手袋と一式そろっている。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 全55色が用意されているが、いずれもオシャレ感とともに失敗の少ないものを選択したという。特徴的なのは実際の色の感じが分かるようにと、お試し用として1個100円の小容器入り「ペイントチュポ」が用意されていること。壁紙の切れ端や白い紙などに塗り広げ、それを塗りたい壁に張ってみて、全体の色をイメージできるというものである。

 部屋の色に迷った時、手軽に試すことができるわけで、作業シーンは動画サイトで紹介されている。ブースの一角では、南仏プロヴァンスから発信のフランス・ペベオ社のアイテムを展示していた。「フィンガーペイント」は指で描ける絵具で、紙用と布用を用意。幼児の使用が多いことを考慮して欧米の安全基準をクリア。皮膚に浸透しにくい成分で構成され、洗い落としも簡単。誤って口にしないよう無害な苦味成分を添加している。

 「デコクリーム」はクリーミーなアクリルペイント。水性無害・全色不透明で、ワンコートできれいに仕上がる。「デコスプレー」は低臭の水性アクリルペイントで、屋内外で使用可能。別売りの5種付け替えノズルで好みの噴射が楽しめる。