WEB塗料報知|塗料・塗装、コーティングのニュースサイト

ターナー色彩、錆表現できるメディウム

 dsc_0049 ガーデニング風のブースで来場者を呼び込んでいたのが、ターナー色彩。リメイク缶や植木鉢に塗装し、植物と一緒に楽しむDIYを提案した。製品の展示では、新製品「ミルクペイント ラストメディウム(錆風)」を発表。錆を表現し古びたアンティーク調に仕上げることができる。

 色は赤茶の錆を表現できる「レッドブラウン」、こげ茶の錆を表現できる「ダークブラウン」の2色。また、10月に発売予定の新製品「アイアンペイント」を展示し、発売前にDIYユーザーにPRした。同製品は塗るだけで、鉄や金属のような質感を楽しめる水性ペイントで、家具や雑貨のリメイクとして使用できる。色もアンティーク調のゴールド、シルバー、ブロンズをはじめとする全6色で展開する。

 ブース内では、リメイク缶作りと、植木鉢作りが体験できるワークショップを全8回実施した。参加者は簡単にオリジナルのおしゃれな雑貨が製作できる過程を楽しんだ。なお、同社はSNSを利用したプロモーション手法に力を入れており、一般消費者へ随時新しい塗り方の提案を行っている。