WEB塗料報知|塗料・塗装、コーティングのニュースサイト

日塗工、5月塗料実績速報

日本塗料工業会(田堂哲志会長)は5月の塗料実績速報(シンナー除く、経済産業省調べ)を発表した。溶剤系合成樹脂塗料の生産数量は4万6014tの前年同月比4・7%増(前月比2・9%減)、出荷数量は4万7992tの同3・5%増(同3・8%減)で、4月は生産、出荷ともにほぼ横ばいだったが、増勢に転じた。在庫は4万9017tで同0・7%減(同1・9%減)。

水系合成樹脂塗料は生産が3万3878tの同1・6%減(同4・3%減)、出荷は3万4533tの同2・3%減(同1・0%減)で、生産、出荷ともに減った。在庫は2万4093tの同1・9%増(同2・8%減)だった。

累計は溶剤系の生産が9万3380tの前年同期比2・0%増、出荷が9万7897tの同1・5%増。水系は生産が6万9264tの同0・5%増、出荷が6万9401tの同1・1%減。溶剤系は生産、出荷ともに増勢。水系は生産が微増、出荷が微減となった。溶剤系と水系の合計は生産が16万2644tの同1・3%増、出荷は16万7298tの同0・4%増。