WEB塗料報知|塗料・塗装、コーティングのニュースサイト

東武鉄道、リバイバル塗装車両を運行

IMG_6404東武鉄道では、亀戸線(曳舟~亀戸)および周辺の下町エリア活性化を目的として、2月16日(木)より昭和30年代の試験塗装車両であったグリーン色の車体に白色系の帯を締めたリバイバルカラー車両(8000系車両)の運行を開始した。

これは、昨年運行を開始し好評だった昭和30年代の「標準色」のカラーリングを再現したリバイバルカラー車両(インターナショナルオレンジ色の車体にミディアムイエロー色の帯)の第2弾企画にあたる。

今回リバイバルされた車両は、昭和33(1958)年頃より試験塗装車両として運行。わずか4両(車体長20mの通勤車両)のみに塗装された7860型である。当時、この車両を新造した際、それまで茶系で統一されていた通勤車両のカラーリング変更が検討され、数種類の案の中から当社社員や「鉄道友の会」会員による投票が行われた。その案の一つがグリーン色の車体にサブウェイクリーム色の帯を締めたカラーリングの試験塗装車両だった(今回リバイバルされたカラーは、ジャスミンホワイト色の帯)。

しかし、その後に最終的なカラーリング(標準色)がインターナショナルオレンジ色の車体にミディアムイエロー色の帯に決定。そのため、今回リバイバルされたグリーン色の車両は姿を消してしまったため、4両のみに塗装されたカラーリングはたいへん珍しい車両となった。

運行期間は、2017年2月16日(木)より当面の間としており、亀戸線(曳舟~亀戸)で見られる。※運行区間、運行時刻については東武鉄道線各駅(東上線を除く)または東武鉄道お客さまセンター℡03-5962-0102(営業時間8:30~19:00 年中無休・但し年末年始を除く)