WEB塗料報知|塗料・塗装、コーティングのニュースサイト

大日本塗料〈小間番号:B6-6〉

大日本塗料が創業以来培ってきた重防食技術による高耐久性塗装システムは、塗装工程の短縮・VOC排出量の削減とともに、構造物のLCC低減に貢献してきた。また、同社はさまざまな分野において、ユーザーの要望や悩みに合わせて、下塗りから上塗りまでを通じた「塗装システム」として提案し、新設から塗り替えまで、塗装物のライフサイクルを通じてトータルな製品やサービスを提供する。

<塗布形素地調整軽減剤>
素地調整が物理的に困難な場所や、環境面での制約がある場合でも、清掃ケレン程度の素地調整で従来の2種ケレンと同等以上の下地を形成できる、人と環境に優しい塗布型素地調整軽減剤「サビシャット」

<あらゆる金属素材に付着する、防食性と環境性能を備えた下塗り塗料>
あらゆる金属素材に強固に付着するため、塗り分け不要で、かつ特化則に対応するなど、環境性能も備えた弱溶剤系防食下地塗料「エポティ

<インクジェット加飾技術>
塗料とインクの両方を展開している強みを生かして同社が開発した「インクジェット塗装システム」は、さまざまな種類の素材に施した多彩な加飾バリエーションを実際に見て触ることができる。

その他、「高機能」に拘った次世代塗料技術をトータルで提案する。
大日本塗料小間番号:B6―6

サビシャット