WEB塗料報知|塗料・塗装、コーティングのニュースサイト

<ABB>高機能 塗料展直前!注目出展ブース

塗料/コーティング剤、塗装/コーティング機器から、機器設備・関連資材まで多数の企業が出展する国内最大規模の展示会「高機能塗料展」が、12月2日から幕張メッセで開催される。

今年は、2つの“新設ゾーン”が設けられる。ひとつは、近年着実に需要を伸ばしつつある粉体塗料ならびに関連する機器・設備の出展社が集まる「粉体塗料・塗装ゾーン」。もうひとつが、このコロナ禍であらためて脚光を浴びている抗菌・抗ウイルス塗料や抗菌コーティングに関連した出展社が集まる「抗菌材料ゾーン」である。

そのほか、最先端の塗料・塗装、コーティング技術が競演する同展で注目企業を紹介する。


実機のデモや相談会 初めての塗装自動化でも安心  <ABB>

―はじめに今回の出展テーマと商品をお聞かせ下さい。

出展テーマは「塗装自動化ロボットソリューション」として、改めてABBの総合性を訴求します。工業塗装の分野においても人材不足が課題です。それ故、初めて塗装自動化を検討する、といった一般産業分野からの引き合いが増えており、弊社の導入・運用を総合支援する総合性やノウハウでお役に立てます。

今回はこうしたお客様に是非お気軽にご相談いただけるよう、十分なコロナウィルス対策に配慮しながら「相談会」などを実施し、弊社の塗装機、ロボット、ソフトウェアなどの最新技術、エンジニアリングに関する取組みなどを紹介します。

―具体的にはどういった来場者層への訴求をお考えですか?

新規、既設に関わらず、塗装自動化を検討する幅広い産業のお客様に訴求したいと考えています。具体的な品目としては、樹脂部品、建機、家具など広く想定しています。まずは課題をお伺いしながら、弊社のロボットや塗装機、システム全体の勘所をお伝えしつつ総合性をご体感いただきます。

―実機デモと相談会を通してお客様に応えることになりますね。

実機デモとして、小型ロボット+ベル型塗装機+ソフトウェア技術を紹介します。ソフトウェアと実機動作を連動させる形でデモを行います。

小型ロボ・塗装機・ソフトウェアの連携



RobotStudio® Painting PowerPac=精緻な事前検証に不可欠なプログラミング&シミュレーション技術

RobView 5=カスタマイズ可能なデジタル操作盤(GUI)、運用負荷低減や育成時間の短縮、段替え対応など

また、塗装機では次の展示を行います。

RB1000i=デジタル対応塗装機。RFID、各種センサーを実装。ラインアップを拡充中

ROBOBEL 951 CBS=独自性のあるカートリッジ式塗装機

最新IoT対応型の塗装機も紹介

 

そのほか、実機デモとして汎用型の統合制御システムのSA-IPSを紹介します。先読みなどのロボットと塗装機の統合制御システムです。「相談会」では、長物や重量物などの難しい案件も工夫次第で対応できる点もお伝えしたいです。また、革新的なインクジェット型のマスキングレス塗装システムのPixelPaintも動画で紹介します。

―展示ブースではどのような工夫を練られていますか?
実機展示は、運用を支援するソフトウェアの使い勝手を実際のロボットとの同期によりリアルタイムでご体感いただけます。また「塗装自動化お悩み相談会」で、なるべく気軽に声をかけていただけるよう工夫を凝らします。ノベルティなどもご用意してお待ち申し上げます。

―来場者に向けてメッセージをお願いします。

各社各様の特徴があります。もし塗装自動化、ロボット化を将来的に少しでも検討されておりましたら、是非お立ち寄り下さい。オンライン展示会も設けるので、こちらにもお越し下さい。また、会期最終日には専門技術セミナーにもご参加いただければと思います。

―最後に「塗料展」初出展への期待についてお聞かせ下さい。

塗料・塗装に特化した唯一といっても良い展示会です。主催者のマーケティング力にも期待し、新しいお客様にお会いできることを楽しみにしています。

―ありがとうございました。
ABB出展紹介