◎木材塗装研究会とはどのような会ですか。

 木材塗装研究会は、(社)色材協会(社)日本木材加工技術協会の傘下で、日本を代表する木材塗装に関する研究会です。昭和32年6月に創設、木材塗装技術の進歩と発展を図り、木材塗装に係わる産業の繁栄のために活動している伝統のある会です。

◆東海林 貞雄会長:暑中あいさつ(『塗料報知』2018年7月27日号掲載)

◎どのような活動をしていますか。

 東京を拠点に、年4〜6回運営委員会と研究会(分科会、委員研修会、最新情報交換会)の活動をしています。また、毎年6月に木材塗装基礎講座、11月に最新の技術情報を紹介する木材塗装ゼミナールを開催しています。

◎どのような方が運営していますか。

 会長、幹事、運営委員で構成。参加団体は、企業、大学、公的研究機関で、主たるところは旭サナック(株)・アネスト岩田(株)・(株)アトリエベル・オーブス(株)・大谷塗料(株)・川村木材塗装技術事務所・キャピタルペイント(株)・玄々化学工業(株)・(株)戸山家具製作所・ニシザキ工芸(株)・日本エンバイロケミカルズ(株)・飛騨産業(株)・ヤマハ(株)OB・ヤマハリビングテック(株)OB・谷津商店・ユニオンペイント(株)OB・和信化学工業(株)・印刷会社OB・職業能力開発総合大学校・森林総合研究所・東京都立産業技術研究センター・神奈川県産業技術センター・岐阜県産業技術センター等です。会長:東海林貞雄 運営委員28名(運営委員の公募はしておりません)

◎お問い合わせ先はどこですか。

木材塗装研究会 鈴木隆史
〒257-0014 神奈川県秦野市今泉1000-11

講義 塗装板展示 “木材の塗装”
木材塗装研究会編
海青社
TEL(077)577-267

(C)木材塗装研究会
トップ画面に戻る