WEB塗料報知|塗料・塗装、コーティング業界のプラットフォーム

東日本塗料、アクアファースト量り売りキャンペーン中

床用塗料の少量販売  キャンペーンでニーズに対応

東日本塗料は、3月31日まで「フローンアクアファースト量り売りキャンペーン」を実施している。内容は、水性床用塗料の「フローンアクアファースト」、「フローン水性プライマーF」の販売を1㎏から15㎏の容量範囲で販売を行うものだ(15㎏、4㎏は通常在庫品)。新型コロナウイルスの影響による一部需要に変化が見られる中、顧客の5S活動の一環として少量使用による従業員施工などに対応したキャンペーンとなる。また、SDGsの広がりによる“持続可能な消費と生産のパターンを確保する”ための無駄削減への取組みとして期間限定でサービス展開したものだ。キャンペーンの浸透とともに受注も増えてきていると言う。


フローンアクアファーストは、速乾で誰でも塗りやすい1液という二つの大きな特長がある。速乾では、午後1時から塗り始めても午後5時には歩行が可能(23℃)となる。1日で2現場施工を可能とすることができるため、生産性が高められる塗料という位置づけにある。プロの現場では、作業時間の取れない工場や店舗、ファミリーレストランなどへの採用が広がっていた。また、1液型なので多液型のような手間がなく使いやすく、従業員施工も可能な製品である。そのため、今回のキャンペーンに相性が良く、低臭、防塵、艶消、無鉛などの特徴もある。

これまで、塗料販売の要望に、DIY塗料用途以外にも、「少量で塗りたい」などの、少量施工の根強い声がある。しかし、手間や全体の売上への貢献を考えた場合、対応が難しく、手を付けられなかった。そこを同社では、今回のキャンペーンのようにユーザーが真に求めるサービスを構築し、メルマガやTwitterなど通常の営業活動以外でのダイレクトに訴求するPR手法の展開を図っている。

℡03・3693・0851

3月31日までの期間限定のキャンペーン