WEB塗料報知|塗料・塗装、コーティングのニュースサイト

沖縄の街を巡る 建物・壁画を塗装で彩る

2020.05.07

沖縄の街を歩くと、特有の文化や気候から工夫を凝らした塗装を見かける。それらは、アウトレットモールを引き立てるアーティストの作品であったり、「チャンプルー文化」を表現したり、台風銀座と言われるほど台風が多く、台風に耐える塗装等さまざまである。また、塗魂インターナショナルも塗装ボランティアで一役買っている。今回は沖縄の街を巡り、塗装で彩られた建物や壁画を紹介する。

「沖縄アウトレットモール あしびなー 」壁画が映える

“沖縄アウトレットモール あしびなー”は、沖縄県豊見城市豊崎に建設されたアウトレットモールである。大和情報サービスが運営する沖縄県初となるアウトレットモールで2002年12月に開業した。すぐ近くに豊崎美らSUNビーチがあり、沖縄県塗料商業会(根路銘諭会長)では2年に一度ビーチバーベキュー大会を開いている。アウトレットが位置する豊崎地区は、那覇空港から車で15分程度交通の便が非常に良い。観光エリアとして開発が進められており、今後さらなる観光集客が見込まれている。


大和情報サービスは、「平成31年度沖縄観光コンテンツ開発支援事業」として、昨年7月~今年1月までファッションとアートシーンで地域観光経済の活性化を目指す事業「POW!WOW!JAPANin沖縄アウトレットモール あしびなー」を実施した。

アウトレットの敷地の塀や建物の壁に壁画をPOW!WOW!JAPANの18人のアーティストが制作した。壁画のコンセプトは「カラフル、旅、映える」だった。公開に併せてアートフェスティバルを開催した。フード、音楽、スポーツ、ダンス、ワークショップなどの様々なイベントを実施した。

 

この事業は、新たな観光コンテンツ創出による新規観光需要の獲得、滞在期間の延伸、観光消費単価の向上が期待されている。

同事業はアートコンテンツをフックとして、地元の物産、食、および工芸など、様々な沖縄の文化を発信しながら、南部観光の拠点としての発展を目指す。

 

 

 

 

 

 

 

このアウトレットでは、リゾート色豊かなオープンモールに、国内外の100以上の店舗が集結している。これまでは30~50年代の客層がメーンだったが、壁画の効果で20~30歳代の若い年代層が増えるのでないかと期待している。

1 2 3 4