WEB塗料報知|塗料・塗装、コーティングのニュースサイト

特集 高効率自動塗装を実現 多機能型レシプロ

旭サナックは、「スマートサナックシステム」を発売し、市場から好評を得ている。同システムはレシプロケータ、自動ガン、制御盤を組み合わせた効率の高い自動塗装を実現するシステムである。従来は大型の1台のレシプロケータの両袖に多数のガンを取り付けていたが、スマートな2台のレシプロケータにすることで、左右独立して制御することができ、多品種少量生産に最適なシステムへと進化した。

特長として、左右別々でレシプロケータが前後進し常にワークに対して一定のスプレイ距離で塗装することができるため、塗り込みと塗着効率が向上する。また、色替も左右のレシプロを独立で制御することで、全てのワークがレシプロ前を通過するのを待たずに色替を開始でき、待機時間、空ハンガー数を大幅に削減できる。さらには、Wi-Fi接続されたダブレットを使用することで、オーバースプレイ量や仕上がりを確認しながらその場で条件変更ができるリモートコントロールに対応でき、作業効率が向上する。

また、電空レギュレータやエア、塗料の流量計などの各種センシング機能を搭載しており、データ転送やメディア抽出することで、塗料使用量や生産実績など各種データを管理し、トレーサビリティが可能である。
℡0561・53・1213