WEB塗料報知|塗料・塗装、コーティングのニュースサイト

ヤマハ、SR400特別車にサンバースト塗装

 ヤマハ発動機は、2017年に生産を終了した「SR400」を従来の個性を生かしたまま「二輪車平成28年排出ガス規制」に適合させ、11月22日より発売する。さらに、発売40周年を記念した「SR400 40th Anniversary Edition」(数量限定500台)を同日より販売を開始する。

「二輪車平成28年排出ガス規制」に適合させた新型「SR400」

 

カラーリングは、ブラックとメッキの金属感を調和させ、本質的な魅力を表現した「ヤマハブラック(ブラック)」と、リラックス&カジュアルな印象をアピールした「グレーイッシュブルーメタリック4(ブルー)」を設定。注目の「SR400 40th Anniversary Edition」は、「ベリーダークオレンジメタリック1(ブラウン)」をベースに、職人の手作業によるベースの基本色にぼかし塗装を施すサンバースト塗装を施したフューエルタンクが際立っている。ほか、真鍮音叉エンブレム、サイドカバーの電鋳SRエンブレムなど、素材から塗装まで所有感を満たす装飾にこだわり、SRの歴史や世界観が凝縮されたモデルである。

「SR400 40th Anniversary Edition」(ベリーダークオレンジメタリック1(ブラウン))

 

「SR400」は1978年の発売以来、心地よい鼓動感のビッグシングルエンジン、シンプルかつ美しいスタイリング、キックスターター方式といった特徴で人気を博し、ヤマハを代表する名車である。今回発売される新型SR400は、優れた環境性能と燃費性を実現する酸素フィードバック制御の精度を向上させ、蒸発ガソリンの外気への排出を低減するキャニスターを採用。また、音響解析技術を駆使し、低音と歯切れの良さを向上させた新マフラーなどが特徴である。なお、キックスターターやデコンプレバーなどは従来モデルから継続採用している。

「SR400」はメーカー希望小売価格572,400円、年間の国内販売は1000台を計画しており、「SR400 40th Anniversary Edition」は、691,200円、500台の限定販売となる。