WEB塗料報知|塗料・塗装、コーティングのニュースサイト

アトミクス、レイズ事業部 第3の柱へ

アトミクスは塗料事業部で開発・販売してきた1液水性アクリルゴム「アトムレイズ」の一層の拡販を図るため、4月1日に「レイズ事業部」を新設した。

アトムレイズは環境、安全、安心をキーワードに開発した特殊変性アクリル樹脂ベースの環境対応型防水材。ウレタン防水同等の防水性能を持ち、特定化学物質障害予防規則や有機溶剤中毒予防規則にも非該当の次世代タイプ。VOC排出量の大幅削減が可能で、近年の環境に負荷をかけず健康障害も生じない安全な工事のニーズに応えられる。

優れた防水機能は建設技術審査証明の取得(BCJ―審査証明―215)やNETISへの登録(KT―160025―A)により実証。さまざまな防水要求に応えるため多彩な工法を揃えた。また防水層すべてに近赤外線反射機能を持たせた3Dリフレクションシステムにより温度上昇を抑え建物の膨張・収縮などによる負荷を低減。防水との相乗効果で長寿命化に貢献する。なお施工は確かな技術力が認められた認定施工店で組織されるアトムレイズ工業会(http://www.atom-rays.com/)の会員が行う。

同社はレイズ事業部を塗料、道路の2事業部に続く第3の柱とするため、同工業会会員と協力して防水市場でのシェアアップを図るとしている。