WEB塗料報知|塗料・塗装、コーティングのニュースサイト

関ペ、東アフリカ塗料メーカー買収

関西ペイントの連結子会社である、南アフリカ共和国のKansai Plasco Africa Limited(KPAL社、Farid Masood社長)は、東アフリカ地域において塗料事業を展開する企業体のSadolinグループ各社の株式を100%取得する。

Sadolinグループは、ウガンダ、タンザニア、ケニアなどで建築用、工業用塗料などの製造・販売を行っている。2015年度の実績は売上高が8億5500万USドル(約96億円)、営業利益が1億3700万USドル(約15億円)となっていて、東アフリカ共同体の塗料市場においてトップシェアを有している。

今回のSadolinグループ株式取得は、関西ペイントグループの東アフリカ市場での事業基盤をより強固なものにするとともに、アフリカ全体でのさらなる事業拡大・発展、ひいては関西ペイントグループの中長期的な業績拡大に大きく寄与するものと見られている。