WEB塗料報知|塗料・塗装、コーティングのニュースサイト

日ペ、熊本で 「いぐさペイント」サービス開始

room bloom2

缶イメージ拡大 (C)2010熊本県 くまモン ♯K25994

日本ペイントホールディングスのペイントブランド「ROOMBLOOM」(ルームブルーム)は、 熊本県産いぐさを原材料として配合した植物由来塗料「ROOMBLOOM いぐさペイント」を使用した施工サービスを4月28日、熊本県から開始する。

今回は、塗料の販売だけでなく、カラーの組み合わせ提案から、 塗装、 アフターフォローまで行うペイント施工サービスを提供するもの。 なお、同事業は2016年4月に発生した熊本地震の被災地の復興支援を目的としたプロジェクトでもある。

同社は、国産いぐさを原材料として用いる畳の需要減少に歯止めを掛けるため、畳以外へのいぐさの活用を目指した産学官連携による研究を実施。その結果、 いぐさの持つ消臭や吸放湿の機能を活かし、天然由来のペイントを製品化していた。

「みんなにやさしい」をコンセプトとし、いぐさの自然の色や質感を感じることができ、消臭効果、空気浄化、かつ100%熊本産いぐさを配合した塗料となった。

【いぐさペイント施工について】

施工価格:73,440円(税込)~
(一般的な6畳のお部屋の壁4面をペイントした場合のキャンペーン価格(参考))
サービス提供地域: 熊本県内
※ROOMBLOOMペイントサービスエリアへ拡大予定(時期未定)