WEB塗料報知|塗料・塗装、コーティングのニュースサイト

低汚染・抗菌・光触媒塗料特集を発刊しました

2016.11.07

  訪日外国人旅行者数(ビジネスなど含む)は2014年の1341万人が15年には一挙に前年比47%増の1973万人、16年はこの10月ですでに2千万人を突破し、同22%増の2400万人にも達するとみられている。低汚染型塗料や紫外光応答型光触媒塗料はこのような訪日観光客などが目にする街のビル群や各種施設などを汚れから守り、好印象を与え、インバウンド需要の伸びにも側面から貢献しているのに違いない。

  また、宿泊するホテルや各種施設の屋内を汚れや各種菌類、ウイルス、VOCなどから守る室内環境対応型塗料や可視光応答型光触媒塗料も貢献度が大きい。
 日本のオリジナル技術の光触媒塗料はもちろん、屋内外の環境を「きれいに」また「クリーンに保つ」ことができるこれら高機能性塗料。インバウンド需要の拡大に役立つ。あと4年足らずに迫った東京五輪も海外にアピールする絶好のチャンスに違いない。本特集では各社一押しの低汚染型塗料・抗菌塗料および光触媒塗料などを紹介する。

特集記事全文は
『塗料報知』2016年9月17日号(4157号)掲載
続きは、『塗料報知』または『日経テレコン』をご覧ください。