WEB塗料報知|塗料・塗装、コーティングのニュースサイト

アネスト、ヘビーユーズ耐える新設計

アネスト岩田では圧送式スプレーガン「WS―200」シリーズを発売した。 同製品は、従来にはないフィニッシングを実現させるために、細部の部品に至るまで100%新規設計。スプレーヤーの高水準のフィニッシング要求に対応でき、スプレーガンを隅々まで分析して改良を重ね、優れた性能と耐久性を兼ね備えており、すぐにその良さが実感できる製品に仕上がっているという。

本体は、ヘビーユーズにも耐えられるクローム仕上げの鍛造アルミニウム製で、塗料経路は全てステンレス製。優れたスプレーパターン性能を発揮させる新方式のバッフルリングを開発し、吹付け空気圧力が0・2MPa~0・4MPaでも粒子だけが変化し、パターン幅の変動がなく、吹き付け空気圧力が変わっても塗装のパターン幅が一定になるように霧化頭を工夫し、正確で安定したパターン調整が可能。

容易に脱着ができて本体の洗浄性も格段に向上している。適合性の高いG3/8塗料ニップルを採用。無調整ニードル弁パッキンでメンテナンスが容易になっている。ニードル弁の取り外しは容易で、新構造の塗料調節装置によってスムーズでストレスのない塗料調節ができる。新構造の耐溶剤性空気弁シートを採用し、溶剤によるトラブル発生のリスクを限りなく軽減して、メンテナンスもしやすくした。

人間工学を追求してデザインされたグリップと引き金の最適な荷重バランスにより、ストレスなく繊細な塗装のコントロールが可能。引き金部品脱落防止機能の引き金止め軸を採用し、シンプルで信頼性の高い構造となっている。さらに、樹脂パッド付きステンレス製引き金を採用して、滑らかで繊細な引き金操作を実現した。

同シリーズにはWS―200SPとWS―200FTの2タイプを用意。WS―200SPはスプリットノズルテクノロジーを採用したスプレーガンで、最新の環境対応型塗料に最適である。

スプリットノズルテクノロジーとは、①高微粒化でかつ粒子径のそろった均一な膜厚のフラットパターン②フラットパターンでの塗装は、塗り重ね部分の調整も容易。簡単にかつ軽く塗り重ねることが可能③従来と比べ、圧倒的な塗着効率を実現④ムラのない均一な塗面仕上がりを実現⑤高いペイントパフォーマンスを実現⑥くせの強い塗料でも、吹き返しやオーバーミストによる問題のリスクが軽減⑦塗料使用量を大幅に削減、といった特長を持つ。

WS―200FTは、フラットチップノズル採用でつややかな仕上がり塗装面を実現。 汎用塗装に最適である。同社では、WS―200SPを、カーメーカー、tear1、tear2クラスの自動車外装(バンパー等)の塗装をされているユーザーへ、WS―200FTを大型の配電盤などの装置塗装をされているユーザーや(同社製品 W―200の圧送式で塗装されている)木工・家具市場を対象に展開を図っていくとしている。