WEB塗料報知|塗料・塗装、コーティングのニュースサイト

ホールドタイト、世界で高く評価される表面処理剤

ホールドタイトソリューションズ(米国テキサス州ヒューストン)は、初期錆止剤「ホールドタイト102 」を開発し製造を行っている。同製品は、湿式研磨やウォーターブラストを施した鉄製品や鋼材の表面、加圧洗浄による乾いたブラスト後の表面に発生する初期錆(フラッシュラスト)を防止する添加剤である。塩化物や硫化物、リン酸塩、硝酸塩などの塩類や、油分やグリース、ブラストの残分などを含んだ不純物を効果的に除去する。初期錆を防止する製品として世界中の塗料メーカーや塗装業者に承認されている。

サンドブラスト施工後ホールドタイト102を使用

「ホールドタイト102」は、製品に含まれる有効成分となる物質は、下水や河川、湖沼等に安全に排出することができ、水生生物に害を及ぼさず、環境と調和できることが証明されている。同製品は、水の表面張力を下げるウェットブラスト添加剤で、表面の細孔に入り込んで塩、酸、研磨剤、軽油、グリースなどの汚染物質を取り除く。 不要な残留物をゼロにし、水と一緒に蒸発して、完全にきれいで最高72時間の間しっかりと接着されたコーティング結合の準備ができている表面を提供する。「ホールドタイト102」は、信頼される初期錆止剤として業界で高い評価を得ており、メンテナンス、再塗装、および表面処理のコストを削減する。

「ホールドタイト102 」の販売は、ウイン&コールス(デンゾー)(英国ロンドン)が、世界規模で行っている。同社は1930年設立以来「デンゾー防食システム」のブランドで世界各地で数多くの実績を挙げている。

 日本では北日本防食(新潟市 TEL025・271・0311)が「ホールドタイト102」の販売総代理店である。同社は1971年(昭和46年)に設立。デンゾー防食システムのパイオニアとして、国内での販売施工をスタートした。常に防食業界の最先端をいく製品開発・施工技術を追求している。ウイン&コールス(デンゾー)の防食一連製品のほか、Flexcreteテクノロジーズ(英国)の防菌・防カビシステムなどさまざまな防食の製品を取り扱い、施工も行っている。

ニュージーランドのオークランドにある海岸橋

【ホールドタイト102の使用を承認した企業】
アメロン、プラサイト、バルスパー、カーボライン、ポリブリッド、ヴァッサー、ダンプニー、PPG、デンゾー(ウイン社)、レインボーコーティング、ヘンペル、シャーウィンウィリアムズ、ヘレサイト、シグマ、ジョータン、トネメックロードエラストマーズ、トライスター
※上記のリストは代表的なものでその他多数の実績がある。

カナダ東海岸沖の海洋施設