WEB塗料報知|塗料・塗装、コーティングのニュースサイト

新機構の自動スプレーガン 水性対応、メンテも楽に

アネスト岩田は、工業塗装用自動塗装マーケットのより多くのニーズに対応するため、水性塗料にも対応した塗料を選ばないマニホールド式自動スプレーガン「WRA―M200シリーズ」を発売した。

アネスト岩田_マニホールド式自動スプレーガンWRA-M200シリーズ


同製品の特長は、空気キャップの位置合わせが容易にできる新機構を搭載し、作業効率の向上を図った。一方向にしか回転しないため、目視で確認しなくても0度/90度位置に合わせることができるほか、それ以外の角度にすることも可能としている。また、メンテナンス時において、塗料ノズルの洗浄および交換、塗料調節装置を取り外す際には、通常、工具を使用する必要があったが、WRA―M200では、工具を使用せず取り外すことができる機構を採用している。

また、自動ガン本体で、塗料経路とピストン室が分離した構造になっているため、ニードル弁やニードル弁パッキンなど、摺動部の摩耗度合を確認しやすくなっている。

さらに、ニードル弁パッキン部カバーが、ニードル弁パッキンの増し締め工具となっており、簡便に増し締めを行える。そして、同製品の最大な特長として、空気キャップと塗料ノズル口径のバリエーション、さらには本体部、マニホールド部の材質(アルミ仕様/ステンレス仕様)が2種類あることで、幅広い組合せ対応が可能となり、各市場、分野においてお客様のご要望に合わせて提案が行える製品である。
 ℡045・590・3177(アネスト岩田コーティングソリューションズ)