WEB塗料報知|塗料・塗装、コーティングのニュースサイト

特集 造膜浸透性に優れ躯体と強固に一体化

大日技研工業では、環境対応型水性無機質系塗料「ランデックスコートWS疎水剤」を上市している。
同製品は、微細なバインダーを主成分としているので造膜浸透性に優れ、躯体に浸透・接着し、強固に一体化することができる。
また、塗膜全体が疎水性を持つので、コンクリート構造物を塩害や凍害、アルカリ骨材反応、中性化から長期にわたって安定して劣化を防止し、躯体を保護し続ける。
主成分は、シロキサン結合を持つ変性珪酸質系バインダーと、特殊なシリコン基を組み合わせたハイブリッド系疎水剤。組成が均一で従来の単なるシリコン系や、樹脂と疎水剤を混合したものに比較して、塗装後の塗膜の成分が均一になるのが特徴である。このため疎水性にムラが生じない。
通常の浸透型疎水剤では造膜効果が少ないことに起因する効果の持続性の短さに対し、同製品は造膜浸透性を有し、その効果は長時間維持され、耐久性に優れている。さらに、水性なので作業性が良好で無公害であり、また無機系塗膜なので静電気を帯びにくく耐汚染性にも優れている。

埼玉スタジアムにも採用されている


塗膜全体が疎水性を持っており、樹脂に撥水剤を添加したものとは異なり、塗膜のある限り長期間にわたって性能を維持できるという。水分との接触を抑制することにより、コンクリート中の中性化の原因であるカルシウム分等のイオン化を、長期間にわたって防止できることもポイントである。
水性無機質系の環境対応型で、F☆☆☆☆認定商品である。
クリア、半透明カラー、不透明カラーの3タイプが用意されている。
℡03・3639・5131