WEB塗料報知|塗料・塗装、コーティングのニュースサイト

限りない無臭目指し、ノン溶剤の建築用塗料

ジャパンカーボラインでは、刷毛・ローラーで施工可能な無溶剤形塗料「カーボガードノンソル」と「カーボタンノンソルトップ」による低臭仕様塗装システム「ノンソルシステム」を構築している。

「カーボガードノンソル」は、無溶剤形エポキシ樹脂塗料で下塗り用(淡彩色のみ調色可能)。「カーボタンノンソルトップ」は、無溶剤形ポリウレタン樹脂塗料で、上塗りに用いる。こちらは、耐候性がJIS K5659 3級であり、調色対応もしている。両製品とも、有機溶剤を全く使用していないため、限りなく無臭に近いことが大きな特長となっている。あわせて、F☆☆☆☆にも合格しており、特化則に該当する物質も一切含まれていない。

これらの特長により、「ノンソルシステム」は塗装作業時や作業後の臭気残留に厳しい環境で、その威力を発揮する。

例えば、地下型機械式駐車場およびその周辺での塗装作業では、本システムを用いることで内部の臭気残留を防止できる。この用途では、すでに大手駐機メーカーと連携した実績も持つ。また、食品工場や飲食店、病院、学校等のとりわけ臭気に敏感な環境における鉄部塗装にも最適。大手工場でも採用されており、食品業界でも注目されている。

地下など臭気厳禁の場所の補修に効果


再開発で工場周辺の住宅化も多い現在、塗装時の臭気問題を解決できる本システムへのユーザーの期待は高まっている。
 ℡03・3643・4501