WEB塗料報知|塗料・塗装、コーティングのニュースサイト

レーザー施工研究会 設立説明会を開催

2019.03.27

レーザー施工研究会は、2月18日(月)午前9時から、前田建設工業ICI総合センターにおいて、「レーザ施工研究会設立説明」を開催した。
また同時開催で、「 トヨコー事業報告会」CoolLasreデモ見学会」「前田建設工業 ICI総合センター見学会」も行われた。来場者は、道路/鉄道、プラント、エネルギー、製鉄などの関係者合計269人が訪れて盛況を博した。

レーザー施工研究会の設立要旨は次の通り。
「高度経済成長期に造られた橋梁などの老朽化による社会問題が叫ばれる中、メンテナンス技術のひとつとして高出力レーザーの活用に注目が集まっています。
一方で、エネルギーの高い高出力レーザー機器を屋外の施工に活用する事例はまだ珍しく、広く普及するためには行政や研究機関等の専門家と民間の事業者が連携して安全基準等のルール整備や取扱者の教育といった人材育成などが不可欠です。
我が国の社会資本ストックは高度経済成長期に集中的に整備され、今後急速に老朽化することが懸念されています。
今後20年間で、建築後50年以上経過する施設の割合は加速度的に高くなる見込みであり、このように一斉に老朽化するインフラを戦略的に維持管理・更新することが求められています。
そこで、当レーザー施工研究会では、インフラ等構造物の維持技術としてレーザーを用いた施工技術の普及発展に関する活動を行い、社会インフラの維持管理に寄与することを目的とし、次の事業を行います。
①レーザー施工に関する安全ガイドライン管理基準の策定・公表事業
②人材育成事業
③レーザー施工に関する課題と対策の研究事業
④レーザー施工に関する普及啓発事業」

説明会会場は2部構成にて行い、第1部では代表の茂見氏より、今回はレーザー施工研究会準備委員として、レーザー施工研究会の概要と入会案内が行われた。そして、第2部では代表の豊澤氏よりCoolLaser技術の概要と開発の経緯、事業展開方針についてが説明された。


その後、実演会場にて実際のレーザー照射の様子が実演され、希望者には個別ご相談ブースにて商談が行われた。
また、実演見学や個別ご相談の待ち時間の間に、今回会場を提供した前田建設工業のICI総合センターの設備や施設、展示品などの見学も行われていた。

 


プレスリリース=http://toyokoh.com/wp/wp/wp-content/uploads/2019/02/pressrelease_20190227.pdf