WEB塗料報知|塗料・塗装、コーティングのニュースサイト

BASF、表面処理「シェメタル社」を買収完了

 BASF(ドイツ)は、アルベマール社(アメリカ)傘下のグローバルで展開する表面処理事剤メーカー、シェメタル社(ドイツ)の買収を完了したことを発表した。今回の買収により、BASFのコーティングス事業部は、製品ポートフォリオを拡大し、より一層事業の強化を図っていく。

 シェメタル社は表面処理剤の分野において、カスタマイズした技術とシステムソリューションの開発と製造を行う。自動車や航空宇宙産業、アルミニウムフィニッシングや金属成型など幅広い産業や最終市場で使われおり、2015年のシェメタル社の売上高は8億4,500万米ドルだった。
 
 BASFは、表面処理のマーケットリーダーであるシェメタル社の専門知識を結集させ、世界各地で有するインフラやマーケットを統合し合理化を図っていく。コーティングス事業部代表の、マーカス・カミース氏は、「シェメタル社の買収により、BASFは市場を大幅に拡大することができます。グローバルにおいてマーケットリーダーである両社の専門知識と革新力を組み合わせることで、イノベーションを加速させ、お客様にさらなる成功をもたらします」とコメントしている。