WEB塗料報知|塗料・塗装、コーティングのニュースサイト

アクサルタ、サスティナビリティRを発表

アクサルタは6月19日、2016~2017年版サスティナビリティ(持続可能性) レポートを発表した。

同レポートではアクサルタの製品の中でも、顧客ののサスティナビリティに関する目標に貢献する製品に焦点を当てている。例えば、低燃費・CO2低排出の軽量自動車用塗料、腐食を予防し天然資源を保全する製品、その他電気自動車の高性能を支える製品などだ。

アクサルタの「Voltron™ワイヤーエナメル」は、電気スポーツカー等の高性能電圧モーターに使用されており、小型乗用車に必要なより高出力で小型、軽量のモーターの実用化を可能にしている。「Hyperdur™ 3000S」は自動車の軽量化ニーズに対応し、代替製品と比べて揮発性有機化合物の排出量を減らす配合となっており、プライマー使用量を20%削減できるという使用者の報告もあり、適切な濃度を保ちながら資源を保全することが可能である。

なお、アクサルタのサスティナビリティレポートは、公的な報告書に最も広く採用されている国際標準であるグローバル・レポーティング・イニシアチブ(GRI)のガイドライン「GRIスタンダード」に準じて作成されている。
 
アクサルタの「2016-2017年版サスティナビリティレポート」およびサスティナビリティイニシアチブの詳細
 https://www.axaltacs.com/sustainability