WEB塗料報知|塗料・塗装、コーティングのニュースサイト

アクサルタ、フィラデルフィアにR&Dセンター開設

2018.11.28

アクサルタ コーティング システムズは、世界最大のコーティング研究開発(R&D)センタ ーとなるグローバルイノベーションセンターをアメリカ・ペンシルバニア州の都市、フィラデルフィアに開設し11月7日、正式開所を記念してテープカッ ト式典を行った。このグローバルイノベーションセンターの床面積は 16,000 平方メートル以上あり、世界最高水準の専門研究設備とオフィススペースを備えている。フィラデルフィアの歴史的に有名なネイビーヤードに位置し、フィラデルフィアはもちろん、世界中のアクサルタの従業員、ビジネスパートナー、 顧客との連携を実現するという。

アクサルタの暫定最高経営責任者、ロバート・ブライアントは「アクサルタのグローバルイノベーションセンターは、当社のグローバル なリサーチ、製品開発、テクノロジーイニシアチブの中心的存在となって、世界 で最も革新的なコーティング製品を開発し実現します。カラーテクノロジー、 ポリマー化学や配合技術、アプリケーション知識のどれをとっても、アクサルタ のグローバルイノベーションセンターが擁する世界最高の能力と人材が、新製品の開発を推進し、お客様の今後の事業成長に必要なソリューションを提供しま す」と話す。 

同センターの前面は、ネイビーヤードに隣接する歴史地区に保存されている古典的 設計を意匠化した建物を連想させる。一方、建物の後面は近隣のロフトや倉庫に似ている。また、建物の前面は 2 階までガラスのファサードで覆われ、自然 光を最大限に取り入れながら、ガラスを傾斜させて光のまぶしさを緩和すること で、従業員が西日に当たらないように設計されている。

プレスリリース=http://www.axaltacs.com/jp/ja_JP/news/123.html